2005年12月03日

職務経歴が短いが経歴書はどう書く?

【ご相談内容】
職務経歴が、1年しかありません。いわゆる第二新卒になると思います。
ほとんど下っぱの働きしかしていないので、職務経歴書に書く内容が乏しくて困っています。
内容が薄いと恥ずかしいので、どう書けばいいのでしょうか?それとも薄いままで出すべきでしょうか?


◇◇
【回答】

職歴が1年の第二新卒であれば、会社側はそれほど職歴を重視しないと思います。

むしろ、新卒と同様に、人柄やポテンシャル(潜在能力)を見ると思います。

それでも、職務経歴書を厚みのあるものにしたいのであれば、

・勤務先の会社概要(組織規模、製品・サービス、特徴等)
・所属部署、職務内容
・求められた役割
・達成した成果と自分の評価
・遭遇した困難と、それをどう解決したか


といったことのなかで、書けそうなものを詳しく書くとよいでしょう。

たった1年であったとしても、学んだものはあると思います。

短期間なりにいろいろなものを吸収した人と、短期間なので学んだことがない、という人とでは、もちろん前者を採用したくなるのが会社側の一般的な考えです。


短期間でも、決して何もしていないわけではない、自分なりに様々なものを学んだと主張するべきですので、できるだけ職務の内容は細かく書きましょう。

書きづらいかもしれませんが、がんばってください。
posted by career2.0 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10142128

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。