2005年12月16日

総合職と一般職の違いは?

【ご相談内容】
これから就職活動を始めるものです。
よく、「総合職」と「一般職」とありますが、その違いはなんでしょうか?


【回答】
簡単に言えば、以下のような違いです。

◆総合職

・いわゆるフロントの人々。難易度の高い仕事をする。
・出世して管理職・幹部になるのは総合職
・異動あり(地方、海外など)
・給与は一般職より高い(最初は差がなくても、上がりかたが違う)
・営業、企画、管理など職種は会社によってさまざま

◆一般職

・いわゆる事務職、アシスタントの人々
・出世コースは特にない
・異動なし
・給与は総合職より安い、昇給も少ない
・女性の採用が多い(ほとんど)

ということです。
言葉はわかりにくいですが、そういうことです。

地域総合職、という異動のない総合職をもうける大企業も出てきているようです。
給与はもちろん一般職と総合職の間です。

最近は一般職は採用せず、事務の仕事に派遣社員などをつかう企業も増えています。
posted by career2.0 at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社のしくみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10899205

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。