2009年02月16日

[面接戦略2] 4つのコアメッセージで面接準備

就職活動の面接での質問には、いくつかのパターンがあります。
本屋にある「質問集」のような本は、何百という質問を載せていますが、根本的には以下の4つについて質問しているだけです。
1.人柄・性格
2.学生時代の経験
3.志望
4.その他一般教養

したがって、たくさんの質問にたくさんの回答を考えるというよりも、上の4つについて核となる内容(コアメッセージ)を用意しておき、質問の言葉に合わせて回答を変化させる、という応用のしかたを身につけるべきでしょう。
そのほうが、圧倒的に能率のよい練習になります。

例えば、「あなたの性格は?」「あなたの長所は?」「あなたの欠点は?」「あなたを動物にたとえると?」という質問は、結局は同じことを聞いているわけです。
それぞれに対して別の答えを用意していては、本番で対応できません。
例えば「粘り強い」というあなたの特徴があるのなら、それをコアメッセージとして、性格は「粘り強い」、長所は「あきらめない」、短所は「頑固に一つのことをし続けてしまう」、動物は、アリでも像でもラクダでもいいでしょう(粘り強いということが言えれば)

コアメッセージがしっかりしていれば回答に一貫性があります。
(性格は「粘り強い」、欠点は「短気」、という回答は、一貫性がないと判断されます)

つまり、面接準備は面接本の何百という質問に対して一つ一つ台本を書いて覚えるのではなく(そんなにたくさんの台本を覚えられませんし、緊張して忘れるだけです)、
1.自分の性格について/ 2.学生生活/ 3.将来の希望/ 4.社会に対して思うこと
この4つについて、コアメッセージを一つ作っておくこと、
そして、それを質問に合わせて応用することです。


一応、その4分類について、質問のパターンを以下に示します。
その核となるメッセージを、各質問に合わせて回答できるよう、練習してください。

■1.自分自身について
・簡単に自己紹介をしてもらえますか?
・自分の長所を教えてください
・自分の短所/欠点を教えてください
・尊敬する人物を教えてください
・自分の性格を教えてください
・趣味を教えてください
・特技を教えてください
・将来の夢、人生の目標を教えて下さい
・友人や先輩後輩とはどのような付き合いをしますか?
・友人はあなたのことをどういう人だと言いますか?

■2.学生時代について
・学生時代に、力を入れたことを教えてください
・問題やトラブルを解決した経験について教えてください
・専攻/ゼミ/卒論はなんでしたか
・興味を持った授業はありましたか?
・どんなアルバイトをしましたか?

■3.志望動機、企業選び、将来のキャリアについて
・なぜ、当社を志望されたのですか?
・あなたが企業に求めるものは何ですか?
・当社の製品/サービスを利用されたことはありますか?またどう思いましたか?
・この会社に入ってやりたいこと/どんなキャリアを描いているか、教えてください
・他にどのような企業を回っていますか?
・同業他社と当社の違いは何だと思いますか?
・当社にこれから必要なものは何だと思いますか?
・あなたにとって仕事とは何ですか?

■4.一般教養
・どんな新聞・雑誌を読んでいますか?
・最近気になったニュースはありますか?
・最近読んで面白かった本/記事はありますか?
・尊敬する人物、注目している人物を教えてください。



posted by career2.0 at 15:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 就職活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
今日は、風邪から復活した娘と、
ブログ見させていただきました。
横で邪魔されてます(><)
また遊びに来ます!
Posted by ★KEEP BLUE★ at 2009年05月23日 13:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。