2007年10月26日

合否の連絡は、いつ来るの?

先週、面接を受けましたが、連絡が来ません!
こっちから聞いていいのでしょうか?
履歴書を送ったのですが、何の連絡もありません。
書類選考で落ちたのでしょうか?

このようなご質問を、多数いただきます。
他の企業の採用も並行して進んでいるわけですから、
返事が来ないと不安になるのはよくわかります。

でも、不安なまま毎日を過ごしても精神的に不健康です。
悩んでいても仕方ないので、行動して不安を解決しましょう。

ここで、いつくかの原則をお伝えします。

1.いつ返事をくれるのか聞くことは、全く失礼ではない

礼儀正しく聞けば、当然答えてくれます。企業は答える責任があります。未定の場合は未定だと答えてくれます。
それによって評価が下がることはありません。
不安だったり、他の企業との兼ね合いがあって知りたいのであれば、まず聞くべきです。

2.基本は1週間。最大2週間

もちろん企業によって、選考のスピードは大きく異なります。
100人応募した場合、100人の1次面接がすべて終ってから2次面接に進む人を決める場合もありますし、
1次面接が終るたびに、すぐ2次に進む5人を決めて連絡する会社もあります。

ただ、一般常識としては、企業は遅くとも2週間以内に(できれば1週間で)連絡するべきだと思います。
したがって、2週間たっても連絡がなければ、問い合わせてみるのは当然のことです。

応募して、その後返事がない場合も同じで、不安なら問い合せましょう。

3.企業は普通、返事をする

「返事がないので、落ちたのかな」と思う方もいるでしょうが、
ダメならダメで、連絡が来るものだと思ってください。

時々、返事をしない企業もあります。それは常識的に言えばマナー違反です。
こちらが真面目に応募したのですから、企業も誠意をもって返答すべきです。

ただ、あらかじめ「次の選考に進むかただけ、ご連絡します。ご連絡がない場合は、不合格ということです」と会社からはっきり言われている場合は、もちろん連絡がなければ不合格ですが、それ以外は連絡があるものと考えて下さい。


4.不安にならないよう、面接の最後に聞こう

合否の結果が来る予定をわかっているほうが安心できますよね。
ハラハラしながら過ごすよりは、およその予定を知っておいたほうが、精神的にはいいはずです。

だから、面接の最後に「結果のご連絡はいつごろいただけるのでしょうか?」と、聞くようにしましょう。

「できるだけ早く」と濁す会社もあると思いますが(それは担当者が、スケジュールを知らないだけです)、普通は「だいたい一週間で」などと教えてくれます。

結論

仕事をしていく上で、何ごとにも共通しますが、わからないこと、不安なことは質問して解決するようにしましょう。それを放置していて、良いことは全くありません。企業で仕事をする場合、わからないことをただ「わからない」と悩んでいる人間は、仕事ができない人間です。自分でわからないことを解決していく能力が必要です。
印象を悪くするのではと変におびえずに(企業はそんなことで一々評価を変えたりしません)、堂々と質問して下さい。
会社側も、勝手に悩まれるよりも質問されたほうが助かります。

下記の例を参考に、ぜひ確認して下さい。

例1:面接の結果を知りたい場合
「◯◯大学の◯◯と申します。●日の面接の結果は、いつ頃ご連絡を頂けるか、教えて頂けませんでしょうか?」

例2:応募書類を送って返事がない場合
「◯◯大学の◯◯と申します。●日に応募書類を送らせて頂いたのですが、届いていますでしょうか?」
「その結果は、いつ頃ご連絡を頂けるか、教えて頂けませんでしょうか?」


posted by career2.0 at 04:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 就職・転職一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。